生活

フェムテック商品を使って変わったライフスタイル

みなさん、フェムテック商品はご存知ですが?

今まではインスタなどで見かけてはいたのですが、最近は店頭でもよくみかけるようになりました。

FemTech(フェムテック)とは
Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語で、
女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品(製品)やサービスのことを指しています。

その中でも私は以前何かの記事を読んで以来気になっていた「吸水性生理用ショーツ」を生活に取り入れてみました。

今日は私の毎月の憂鬱な1週間がちょっと変わったことのお話です。

この記事を読んでわかること
フェムテック商品の吸水性ショーツの使用感とオススメブランド

吸水性生理用ショーツに興味があった理由

カラダの悩みは人それぞれだとおもいます。

私は特に生理2日目が酷く、

例えば、あの椅子から立った瞬間の経血のあのドバっと出る感覚で、

「漏れたのでは?」と気が気じゃなくなっていました。

外出時は濃い色のボトムを選び、生理3日目までは朝起きた瞬間からシーツが汚れいないか心配で確認したり、

汚れていたときには、朝から全部お洗濯。忙しい朝にストレス満載でした。

夜は夜で、あの分厚く長ーいナプキンをするのがとってもストレスで。

ついでに私は漏れるのが不安でさらにガードルもはいていましたので超プロテクト感が強かったです。

元々アトピーもあるので、肌があれてしまったり。

生理痛も酷かったためそのの緩和のために、以前は布ナプキンを使用している時期もありました。

そんな私なので、フェムテック商品の「吸水性ショーツ」はとても興味があったのです。

私が選んだフェムテック商品の吸水性生理用ショーツのブランド

私が選んだブランド下記の2つのブランドです。

このふたつともナイト用を使用しています。(初めて使用するので不安だったので、一番吸収量が多いナイト用やFULLを選びました。)

  1. MOON PANTS:台湾発の生理中でもファッションを楽しみたいニーズに答えるブランド
  2. Nagi:今っぽいカラーラインナップとデザインで、品切れ続出の国産ブランド

なぜこのブランド(MOON PANTSNagi)を選んだのか?

【MOON PANTS】

MOON PANTS
表面は肌に優しいさらさらシート、2層目は素早く吸収する速乾シート、3層目は通気性のある漏れない防水シートの3層で液体をしっかりキャッチしてくれます。そして横漏れの気になるクロッチ部分の端は、縫わずに布を巻き込む仕様のため、縫い目がなく漏れの心配がないそうです。

MOON PANTSを選んだ理由
ナイト用でも見た目がスリムで量が多い日に昼に使用しても、下着のラインが出にくいのがよいなと思ってMOON PANTSのナイト用を使用しています。

Nagi 

Nagi
すべて国内で生産されていて5枚構造。表面は30秒で97.2%の水分を吸収するさらさら速乾シート、2層目はぐんぐん吸収シート、3層目はしっかり防水シート(Ag(銀)を配合させた繊維により、ニオイの原因となる菌の増殖を抑制)。4層目5層目は吸収した水分のモレを防ぐあんしん防水シート。吸水部分の周りが防水シートで囲まれ織り込まれているのでモレがブロックされるのだそうです。

Nagiを選んだ理由

Nagiはカラーラインナップが豊富。私はグリーン(今っぽいおしゃれなくすみグリーン)+このホールド感が欲しくてNagiを使用しています。

ちなみにサイズは両方Lサイズを使用しています。普段も下着はLサイズを使用しているので
あまり違和感はありませんでした。

(ちなみにユニクロのエアリズムウルトラシームレスパンツも普段着用したりしますが、こちらのサイズもLサイズです。)


生理用吸水性ショーツの使用感。

それぞれに特徴があるので、私はいまのところこの2種類を使い分けています。ちなみにMOON PANTSのナイト用は2枚もっています。

  • 生理1日目 MOON PANTSを日中と睡眠時に使用
  • 生理2日目 Nagiのfullを日中と睡眠時に使用(横漏れ防止のため、日中も睡眠時も薄手のナプキンをプラスしています。)
  • 生理3日目 MOON PANTSをお昼に睡眠時にNagiのfullを使用 (夜は薄手のナプキンをプラスしています。)

4日目からは経血量がすくないのでアウターにひびきにくいデザインのMOON PANTSのナイト用を使用しています。

最初にもかきましたが、私は生理2日目は特に酷く、午前中の3時間くらいで長時間用のナプキンがいっぱいになって横漏れしたりすることがよくありました。

吸水性生理用ショーツ+薄手のナプキンでその心配がなくなったので生理に対するストレスがかなり少なくなくなりました。

2日目の夜も、もれる不安があるので特に多い日の夜用などの超熟睡ガード+ガードルでホールド。
(超ゴアゴア)こちらも吸水性生理用ショーツ(ナイト用)+薄手のナプキンで今はOKです。

肌が弱いので基本的にはナプキンはオーガニックコットンものを使用しています。でもオーガニックコットンを使用しているナプキンはスリムなものが少ないので、仕事で外出が続くときは、オーガニックコットン以外のスリムなものを使用しています。

生理用吸水性ショーツのお手入れ方法

慣れるまでは、洗濯機で洗う前にぬるま湯に浸して汚れを落とす作業がめんどくさいと感じるかもしれません。

ただ、なれるととても楽ですよ。

  1. ぬるま湯に20分ほど浸し、汚れを落とす
  2. デリケートな素材なので洗濯ネットにいれる
  3. 洗濯機で洗う。

以上のようにお手入れ方法もとても簡単です。

ちなみにぬるま湯ってどれくらいなの?
30°以下がよいそうです。
理由は血液中のタンパク質がお湯にふれることで固まってしまうから。
それから洗濯ネットに入れたほうが良い理由は、脱水時の遠心力で強い力がかかると生地がのびたりする可能性もあるからです。

基本的には乾燥機の使用はNG。
それからとても以外だったのは、漂白剤NGはわかるのだけど、セスキ炭酸ソーダ もNGだったこと。
とにかくアルカリ性洗剤がNGと書かれていました。
理由は生地がいたみ、機能が低下する原因となるためだそうです。

そっか、、私は布ナプキンを使用セスキ炭酸ソーダで洗っていたのでNGなことにびっくりしました。せっかくの機能をおとすわけにはいかないのでここはちゃんと守ります。

セスキ炭酸ソーダとは

ちなみに「セスキ炭酸ソーダ」とは何かといいますと、お家のお掃除などでよくつかわれている方もいるかもしれません。
水に溶けやすくキッチン回りの油汚れ落としや衣類の染み抜き、また消臭スプレーとして使うなどアルカリの力を使った掃除が得意です。

まとめ

生理週間をいかに不快なくすごすのかってとても重要なことだと思います。
そんな時にその不快さを軽減してくれるフェムテック商品のひとつである「吸水性生理用ショーツ」。
お値段は平均して1枚5000円くらいで普通のショーツより少し割高におもえるかもしれませんが、かなり生理週間の生活が変化したので
フェムテック商品を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

ペリコ

ペリコです! 漫画、旅行大好きです。 ブログの学びを実践して、 楽しくブログ運営をやっていきますー

-生活